人気ブロガーhagexこと岡本顕一郎さん福岡で刺殺される <地図・画像あり>

福岡市中央区大名の旧大名小学校跡地で、男性が背中を刺され死亡しました。死亡したのはネットセキュリティー企業の社員 岡本顕一郎さん(41)で、hagexの愛称でブロガーとして活躍していました。この日もIT関係のセミナーに講師として参加するため福岡を訪れていました。




24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2の旧大名小学校内の施設で、施設関係者の男性から「人が刺された」と110番がありました。

IT関連のセミナーの講師をしていたインターネットセキュリティー会社員、岡本顕一郎さん(41)が背中をナイフのような刃物で刺され、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

刺したとみられる男は自転車で逃走しましたが、福岡県警によると、24日午後11時前、40代の男が福岡・東署管内の交番に「中央区の殺人は自分です」と出頭したとのことです。

男の持っていたバッグの中から血が付いた刃物が見つかったため、県警は男を殺人容疑で逮捕する方針。

被害者 岡本顕一郎さん


(出典:日経コンピュータ)

年齢:41歳

住所:東京都江東区東雲2

勤務先:スプラウト

役職:メディア&リサーチマネージャー



現在の会場名は「Fukuoka Growth Next」

旧大名小学校跡地は、「Fukuoka Growth Next」という官民共働スタートアップ支援施設として利用されています。
今日のセミナーも、この会議室を利用して行われていました。

<現場の地図>




岡本さんのブログはこちら



現場は福岡市中心部の天神の西側に隣接する繁華街にある施設。

岡本さんはセミナー終了後、1階のトイレ内で刺されたとみられ、通報者の男性が、施設1階のトイレから「救急車を呼んでくれ」と声がしたため確認に行くと、刃物を持った男と背中を刺された岡本さんが出てきたそうです。

サイバー犯罪調査手がけていた

勤務先のサイトによると、岡本さんはインターネットセキュリティー専門のメディアの編集長で、匿名化ソフトを使わないとアクセスできない「ダークウェブ」など最新のサイバー犯罪の調査を手がけていたそうです。

サイバー攻撃者は、ダークウェブを使用してマルウェア(身代金要求などの悪意あるソフトウェア)を入手します。

勤務先の「スプラウト」は、悪意ある攻撃者によるサイバー犯罪を防ぐために、疑似的なサイバー攻撃をしかけて、システムに脆弱性が無いかを調べる専門家集団。

岡本さんは、2016年10月に全国137の自治体に「爆破予告」のメールが届いていた事件でコメントを求められ、

「匿名化ソフトで自分の本当のIPアドレスを隠した状態でメールを送っている。」

「これは社会の大きな脅威になるのではないかと思う。
早急に技術的・法律的な分野で、また捜査機関でも対策を急がなければいけない。」

と語っていました。


繁華街は一時騒然

現場は西鉄福岡(天神)駅から西に約300メートルの繁華街で、事件発生時は多くの人でにぎわっていました。

福岡県警の捜査員が続々と詰めかけて規制線が張られ、物々しい空気に包まれたため、通り魔かと思って店に避難した人もいるそうです。



<ネットの声>



まさかこんな事件に巻き込まれるとは思わずに、いつも通りにセミナーの準備をして出かけられたのでしょう。

トイレで刺された、また刃物を持っていたとのことで、岡本さん個人を狙った犯行の可能性がありますね。

サイバー犯罪がらみの犯行か、またはブログに書かれた人物の恨みによる犯行かもしれません。

犯人の情報がわかりましたら、またまとめたいと思います。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です