酒気帯び運転・ひき逃げ逮捕 吉澤ひとみ 供述に疑問と違和感 離婚の可能性は?

7日に酒気帯び運転とひき逃げで逮捕された吉澤ひとみ容疑者の取り調べでの供述に、各方面から信ぴょう性を疑う声があがっています。供述の矛盾点の数々を探ってみました。




本当に自宅で飲んでいたのか

吉澤容疑者は自宅で飲んでいたと供述していますが、テレビで公開された事故車両のナンバープレートは「練馬ナンバー」でした。

下の画像は、ナンバープレート部分を加工しております。ご了承ください。


(出典:日本テレビ)

事故当日のマクドナルド社のイベントは、練馬区で行われています。

練馬区内の自宅から同じ区内のイベントに向かうのに、中野を通るでしょうか?

本当はどこかの店で飲んでいたのを、店に迷惑をかけてはいけないと思って自宅だったことにしたいのではないでしょうか?


逃げたのは水をがぶ飲みするため?

吉澤容疑者は、現場を立ち去った理由について、「車を止める場所がなかったので止められなかった」と供述しているそうです。

しかし、警察の調べや地元の人の話によると、現場には路上駐車などはなく、止めようと思えば止められる状態だったそうです。

医師でタレントの西川史子さんは、逃げた間に水をがぶ飲みしてアルコール値を下げようとしたのだろうと指摘していました。

「多分、その15分の間でものすごいお水を飲んだと思うんですよ。それでも、4倍出たということは、相当飲んでいる可能性がある。(引用:「サンデージャポン」)



かつて、酒井法子が薬物で逮捕された時も、薬物が体から抜けるのを狙って1週間ほども逃亡を続けたことがありましたね。

被害者の身を気遣うこともせず、少しでも自分の罪を軽くするための「水がぶ飲み」が逃げた理由だったとしたら、本当に人の親として情けないですね。

普段から飲酒運転していたのでは?

とっさにこういうことを思いつくのは、普段から飲酒運転していたからなのではないかという声も多くあがっています

芸能人として普通に自覚があるなら、前日飲酒した場合はタクシーを呼びますよね。

彼女は、「これくらい別にいいや」と思ってしまうくらい、飲酒運転が日常的になっていたのではないでしょうか。



飲んだ量と時間は本当なのか

吉澤容疑者は、「前夜午後8時から深夜12時まで自宅で飲んだ」と供述しているそうですが、一方で、事故前日の5日は、「今夜くらべてみました」の収録後、午後9時頃タクシーで日本テレビを離れたと関係者が語っています。

時間的につじつまが合いませんね。

記憶があいまいになるほど泥酔状態だったのかもしれません。

また、「缶チューハイを3本飲んだ」と供述しているのですが、コメントを求められたどの医師も、この量で7時間後に基準値4倍のアルコールが検出されるのは考えにくいと証言しています。

つまり、それ以上の量を飲んでいた可能性が高いということですね。

0.58mgという数値は、「酩酊状態」にあたるそうです。

もしかしたら、嘘をついているというより、自分でもどれだけ飲んだかわからなくなっているのかもしれませんね。

拘留期間延長もやむなし

逮捕から送致は48時間以内、拘留が始まってからの期間は10日間ですが、さらに10日間延長することができます。

吉澤容疑者のように供述に矛盾点が多いと、拘留期間を延長して取り調べせざるをえないでしょうね。




同乗者がいたのでは?

同乗者に関する情報は全く出てきませんが、誰かを乗せていたのを隠すためにこのように供述があいまいになっているのではないかと、多くの人に指摘されています。

もしかしたら、公にしたくない人が乗っていたのかもしれませんね。


離婚の可能性は?

旦那さんはIT系の会社を経営されているそうです。

成功した青年実業家と芸能人のカップルは多いですよね。

元アイドルの妻は、ある意味「トロフィーワイフ」のようなものでしょう。

それに、商売をやっているなら信用が第一で、妻の逮捕は痛すぎますね。

結婚したかったのはキラキラしたイメージの芸能人であって、犯罪者の妻ではないはず。

最近ブログに夫の話が出てこず、夫婦仲が良くなかったのではと見ているファンもいるようです。

離婚は、絶対にないとは言えないでしょうね。

天国の弟さんに

2007年に自転車に乗っていて車にはねられた弟の弘太さん(享年16歳)の当時の事故現場の画像です。

吉澤容疑者の事故の被害者の方も、一歩間違えばこのような事態になっていたのです。


(出典:日本テレビ)

被害女性が「お金たくさんもらお」とツイートしていたのを見て、「金目当て」などと心無い言葉を浴びせるファンもいたようですが、ケガをさせられ怖い思いをしたのですから補償は当然でしょう。

それにもしかしたら彼女は、お友達に心配をかけたくなくて明るく振舞っていただけかもしれません。

顔を縫うことになって、おちゃらけていられる女性なんていませんからね。

傷を残さず、1日も早く回復できることを願っています。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018