サーシャ・バインコーチは性格もイケメン!身長、生い立ち、経歴、家族、彼女は

大坂なおみ選手の専属コーチ、サーシャさんがイケメンで若いと話題になっていますね。大坂選手の支えとなっているサーシャさんはイケメンなのは顔だけではないようです。サーシャコーチの性格、家族、経歴、資産、気になる彼女・結婚についてまとめました。




サーシャさんは身長188cmで総資産6億

身長180cmの大坂選手と並んでも頭ひとつ大きいサーシャさんは、身長188cmあるそうです。

体を鍛えているようで、自慢のシックスパックを見せる画像がたくさん出回っていますね。

サーシャコーチは、もともとドイツ出身でアメリカにテニス留学。

自身もプロテニスプレイヤーでしたが、選手として頭角を現すことはできず、比較的若いうちに女子選手のヒッティングパートナーやコーチに転向して輝かしい業績を修めています。

選手として一流でも監督になるといまいちの方もいますが、サーシャコーチは教えるのが得意なタイプなのでしょうね。

そして、今年時点の総資産600万ドル(6億7000万円)という情報も?!

サーシャコーチの実像に迫ってみます。

サーシャさんのプロフィール

本名:アレクサンダー・ベイジン

愛称:サーシャ・バイン、ビッグ・サーシャ

生年月日:1984年10月4日(現在33歳)

出身:ドイツ、ミュンヘン

国籍:ドイツ ※アメリカ市民権を持っている。

職業:プロテニスコ-チ、元テニス選手

住まい:フロリダ、ウェスト・パーム・ビーチ

学歴:パームビーチ・ステイト・カレッジ卒業(フロリダ)

家族:母親(ドイツ人)、妹、弟(ドイツ在住)※セルビア系の父親は15歳の時交通事故死

宗教:クリスチャン

体重:86kg

二頭筋のサイズ:36センチ

スリーサイズ(チェスト-ウェスト-ヒップ):105 – 85 – 87.5(cm)

靴のサイズ:US 11

タトゥー:なし

趣味:サイクリング、旅行、ジム

絵文字入りでツイートするのが好き:Twitter


サーシャさんのテニスに関する経歴

6歳でテニスを始める。

15歳の時に父親の交通事故死という悲劇に見舞われ、母親からは安定した仕事につくように勧められますが、テニスを学ぶために大学からアメリカに移住。

現役時代の最高ランキングは1149位(22歳当時)。

2007年に現役を引退して、女王セリーナ・ウィリアムズのヒッティング・パートナーを8年間務める。

外野からは、ウィリアムズのボディガードのように見られることもあったそうです。

2015年3月にヒッティング・パートナーを終了。

次に、ベラルーシ出身のヴィクトリア・アザレンカ選手のコーチを務める。

アザレンカ選手は、2012年と2013年の全豪オープン女子シングルスの優勝者で、ベラルーシ人として初めて世界ランキング1位になった選手。
サーシャコーチは2年余りにわたって、チームの一員としてアザレンカ選手に貢献。

2017年10月にアザレンカ選手との契約を円満に解消。

2018年12月に大坂選手のコーチに就任し、今年から本格的に指導開始。

キャロライン・ウォズニアッキ選手との契約終了2日後に、大坂選手サイドからオファーがあったのだそうです。

運命ですね。

2018年12月に、10人前後の候補の中から、ご両親の意見と、大阪選手自身がトライアウトを行った結果サーシャさんを選んだそうです。

サーシャさんは、その大事なトライアウトの前に足首をケガしていたのだそうです。

それでもどうしても大阪選手と仕事がしたくてトライアウトに出かけていき、うかったのだそうです。


職住接近

じつは大阪選手のコーチになる前、サーシャさんは、ツアーコーチの仕事を辞めようと考えていたところだったそうです。

というのも、ツアーコーチになると選手の本拠地へ行って指導しなければならないため、1年のうち11ヶ月も家をあけることになり、妹の結婚式にも出席できなかったのだとか。

そろそろ自分の生活も大事にしたいので、ツアーコーチを辞めようかと思っていたそうですが、大阪選手の練習場はサーシャさんと同じフロリダで、なんとサーシャさんの自宅から車で40分の距離だったとか。

自宅から通勤できるなら問題なし!ということもあってトライアウトを受けて、結果は見事合格。

こういうのを天の引き合わせとでもいうんでしょうか。




大坂選手との関わり

サーシャコーチは、ウォズニアッキ選手のコーチを務めている時に偶然大坂選手に会ったのだそうです。

初めは、大坂選手のことを素っ気ない人だと思ったそうですが、すぐにそれは大坂選手がすごくシャイだからだとわかったそうです。

女子選手のパートナーやコーチを長く務めてきたサーシャコーチは、女性心理の扱いに長けていて、何が足りないのかすぐにわかってしまうようです。

あの気性の激しいセリーナ・ウィリアムズ選手のそばに8年間いたのですから、忍耐力は相当なものでしょうね。

大坂選手は200km/hクラスの高速サーブを打てるのだからもっと上位にいてもおかしくないのに、メンタル面の弱さから損をしていると見抜き、精神的に励ますような指導法を取っていたそうです。

その中には、「デスノートを一緒に見て、怖さに慣れる」といった面白いものもありました(笑)。

大坂選手自身も、「自分はメンタル的に弱い面があったけど、サーシャコーチに出会ってその部分が改善されたと思う」と語っていました。

“Since I was working with him — and I tend to be a bit negative on myself — I feel like I’ve gotten a little bit more optimistic,” said Osaka.(中略) “He tries to make every day really fun and exciting. For someone like me, that sort of thinks sometimes things are boring, that’s good for me.”

“I fight myself a lot, so he’s sort of been, like, the peacemaker,” she added.(出典:US OPENサイト)
【訳】「私は自分自身に対してネガティブになりがちだったんだけど、サーシャと組むようになって、少し楽観的になった気がするわ」と大坂選手は語った。「彼は毎日とても楽しくエキサイティングにしてくれるの。私のような人には、時には退屈な時もあるの。だから、私にはありがたいわ。」「私はすごく闘争心を燃やすから、彼はある意味それを中和してくれるの。」


ヨネックスのイベントで子供たちにもレッスンしたそうです。

ほめて育てるタイプのようです。

なおみはなおみさ。


気になる私生活は?

サーシャコーチが、結婚しているかどうかは公開されていませんでした。

しかし、学生時代は相当もてたようです。

最近では、フェデリカ・ロベルタさんという美人モデルとおつきあいしているようで、今も続いているようです。

ヴィクトリア・アザレンカ選手とも噂があったようです。これは、あくまでも巷の噂です。

フェデリカ・ロベルタさんの画像はこちら。


まとめ

サーシャコーチは、現役にしがみつくことなくコーチとしての人生を歩む賢明な判断をしたことで、指導の才能を発揮してきました。

技術面だけでなく、メンタル面も含めた指導で女子選手の飛躍に貢献していますね。

大坂選手と出会って短期間でこれだけの成果をあげていますから、これからどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

ツイッターからも、とても礼儀正しくチームメイト思いな一面が伝わってきます。

是非とも東京オリンピックまで大坂選手のコーチを務めて、一緒にメダルを目指してほしいですね。



大坂なおみ選手の子供時代の子役エピソードと家族構成については、こちらをご覧ください




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018