おしゃれでモダンな風呂敷が人気!エコバッグ, ラッピング, フランスで展示会も

最近、モダンでかわいいデザインの風呂敷が人気です。エコバッグにしたり、ティッシュボックスをおしゃれに変身させたり使い道もさまざまです。今月パリで風呂敷アートの魅力を伝えるFUROSHIKI PARISも開催されています。




「風呂敷アート」FUROSHIKI PARISが開催中

風呂敷は、実用性と美を兼ね備えた日本文化のひとつとして、ヨーロッパの人々の間で注目を集めています。

とりわけフランスで人気となっており、今月、パリ市庁舎前広場と日本文化パビリオンで「風呂敷アート」をメイン展示としたFUROSHIKI PARISが開催されています。

インスタグラムに写真が投稿されていましたので、いくつかご紹介します。




見直される風呂敷の魅力

風呂敷というと地味なイメージですが、最近は和装以外に使うことを前提とした、華やかで現代的な柄の風呂敷も増えてきました。

ラッピングに便利なリバーシブル仕立ても人気です。

何気なくこんなふうに包んで持ち歩いたら、できる人に見えそうですね。

どんな形の物でも包めるので、瓶などを包んでもおしゃれです。



また、風呂敷バッグに取り付ける風呂敷ハンド(持ち手)も市販されていて、簡単にバッグが作れるので風呂敷バッグつくりを趣味にされている方もいます。

好きな色を選べば、自分だけのオリジナルなバッグが作れますね。


(以上、出典Pinterest)

お手軽に手に入れたい方は、もちろん既製品も販売されています(^^)

まとめ

おしゃれな風呂敷の人気は近年高まっていましたが、海外でもてはやされるようになって人気が逆輸入された感がありますね。

ギフトのラッピングなどに使ったら、とても喜ばれると思います。

材料費もあまりかからないので、趣味にしてもいいですね。

8世紀に使われるようになったという風呂敷が、今も実用品として使われ続けているのは素晴らしいことだと思います。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018