元貴乃花 嫁と離婚していた! 宮沢りえと婚約解消の真相、不倫の過去、別居、息子の不祥事

元貴乃花親方と妻・景子さんが10月25日に離婚していたことが明らかになりました。夏ごろから別居報道が出ていましたが、予想通りの結果となりましたね。元貴乃花の婚約、結婚、不倫、別居の歴史を振り返っていきます。




19歳の宮沢りえと婚約 まもなく婚約解消

元貴乃花20歳、宮沢りえさん19歳の時に、宮沢りえさんとの婚約を発表し世間をあっと驚かせました。

りえさんは当時トップアイドルで、18歳でヌード写真集「Santa Fe」を出して社会現象ともいえるフィーバーを巻き起こし、次の年には空前の若貴ブームに沸く貴乃花との婚約発表でしたからね。

りえさんは上り調子だったので、女将さんになるために引退するのは惜しい!という声があちこちで聞かれました。
りえさんは女将さん業と女優業を両立させるつもりだったようです。

しかし、わずか2か月ほどで婚約解消が発表されました。

その時の記者会見で、元貴乃花は婚約解消の理由について
「宮沢さんに対する私の気持ちがなくなったということです」
と発言して、大バッシングを浴びていました。

「だったら婚約するな」
「りえちゃんが可哀そうだ」
といった声があちこちで聞かれました。

今のようにSNSがさかんだったら、「炎上」していたでしょうね。

当時は一般のニュースでもこの話題が取り上げられたり、特番が組まれてコメンテーターがこの婚約解消について意見を交わしたほどでした。

婚約解消当時はすっかり貴乃花が悪者になってしまいましたが、破談になったのは宮沢りえさんの母親である、りえママが結婚に反対したからではないかと噂されていました。

だいぶ後になって、美川憲一さんが、「りえママにたのまれて結婚をぶっつぶした」と暴露していましたね。

話は脱線しますが、りえママには、子役時代の何もわかっていなかったりえさんを、夜ビートたけしさんの泊まっている部屋へ行かせたという逸話があります。

たけしさんはびっくりして「どうしたの?いいからもう帰りな」と言って、何もせず帰したそうです。

でもその後ちょっと噂になりましたよね(笑)。

りえさんは女優として天性のカンを持った人で、記憶に新しいところでは、2013年に脳梗塞で降板した天海祐希さんの代役を2日前に引き受けて見事に舞台を務め、喝さいを浴びました。

貴乃花と結婚していたら女優を辞めざるをえなかったでしょうから、そうしなかったのは結果的には良かったのかもしれませんね。

景子さんのおめでたをひた隠しにして婚約

1995年、元貴乃花22歳の時に8つ年上の女子アナ、河野景子さんと婚約(デキ婚)しました。

今でも女子アナの人気は高いですが、この当時の女子アナブームは今とは比べ物にならないほどでした。

河野景子さんのいたフジテレビは、女子アナをアイドル化して女子アナブームのけん引役となっていました。

景子さんは、同期の女性アナウンサーである有賀さつきさん、八木亜希子さんとともに「花の三人娘」と呼ばれていました。

中でも景子さんはひときわ目立っていて、誰と結婚するのだろうといつも注目を集めていましたので、その景子さんが選んだのが横綱とはいえ8つ年下の貴乃花だったことは 人々を驚かせました。

当時マスコミは、景子さんの肌のツヤがよすぎるので妊娠しているのではないかと追い掛け回していました。

100社中100社が妊娠疑惑を追求していたといっても言い過ぎではないくらいでしたが、景子さんも元貴乃花も妊娠説を否定しまくっていました。

景子さんは
「順番というものがありますので」
などと語っていました。

しかし妊娠は本当で、元貴乃花は優勝した後の会見で、婚約と景子さんが妊娠6ヶ月であることを明かしました。

貴乃花は、
「優勝したら言おうと思っていました」
と語り、これがまた批判を浴びました。

世間の声は
「これじゃ赤ちゃんを祝福してないみたいじゃないか」
「優勝しなかったら子供はどうなってたんだ」
「男なら、りえちゃんが結婚するまで待つものだ」
といったものが多かったです。

どうも昔からマスコミ対応がうまくなかったような気がします。


不倫で釈明会見を行う横綱

元貴乃花が地方巡業先で、ごひいきさんの用意した女性と不倫、という報道が出たことがありました。

この時、妻の景子さんがものすごく怒って記者会見させたそうです。

「ちゃんと釈明してくれなければ、私の立場がありません!」

その頃から、ふたりはあまり相性が良くないんじゃないかなという気がしました。

不倫は決してよいことではないですけど、お相撲さんの世界ではよくあることなので、景子さんはそういう世界だと承知で結婚したのかと思っていたらそうではなかったようです。

もしかしたら景子さんが怒ったのは、不倫したこと自体よりも、それが表に出て自分が恥をかかされてしまったことだったのかもしれません。

満身創痍

先日、お祭りに参加して綿菓子を作っている元貴乃花の姿を見て、何か気づきませんでしたか?

左手で綿菓子を作っていましたよね。

でも、元貴乃花は右利きなのです。

右手がしびれてうまく力が入らないので、食事したり字を書くのにも左手を使っていると言われています。

しかし、左側も筋肉断裂など何度も大けがを負っているはずです。

つまり、全身傷だらけなのでしょうね。

名誉の負傷といったところでしょうか。

この状況で、サポートしてくれるパートナーがいなくなるのはつらいですね。


親子で不倫、そして別居

去年の秋に貴乃花親方の長男で靴職人の優一さんが、新婚だというのに不倫、別居状態と報道されました。

優一さんはタレント業もしていましたが、最近、素行不良で所属事務所から契約解除されました。

20万もの代金をお客さんから受け取っていながら、いつまでも靴を納品しないので、お客からのクレームが事務所にまできたのだそうです。

結局、タレントを始めてしまうと、その方が楽に稼げるので地道に靴を作るのが嫌になってしまうのでしょうね。

元貴乃花は、「職人の世界は一人前になるのに20年、30年かかるんだからテレビに出てる場合じゃない」というようなことを言っていましたが、正論だと思います。

優一さんの不倫報道と同じ頃、元貴乃花の弟子の貴乃岩関と日馬富士関の間に暴行問題が起こり、元貴乃花が相撲協会と対立し始め、景子さんとほぼ別居状態という報道が出ました。

元貴乃花親方は部屋に引きこもるようになり、景子さんは部屋に顔は出すものの泊まらずに自宅に帰っていくようになったということです。

元貴乃花が夏巡業先の秋田県で倒れて緊急搬送された時でさえ、景子さんはお見舞いにも行かなかったそうです。




景子さんは、
「病院へは部屋の若い人たちが行けばいい。私は他に用事があるから」
などと言っていたそうです。
この頃にはもう離婚してもいいと思っていたのでしょうね。

元貴乃花の不倫報道がまた出ましたが、昔のように怒って記者会見させるようなこともなく、放任状態でした。

結婚した頃の貴乃花は、誰が見ても将来、相撲協会を率いていく人物に見えました。

景子さんは、現在のような貴乃花の未来は想像さえしていなかったことでしょう。

景子さんにとっては、相撲協会を退職してボランティアをしようとしている貴乃花は魅力がないのでしょうね。


離婚した2人は何を語るのか

先代貴乃花の奥さんの憲子さんも、離婚後タレントに復帰して、親方の裏話などをネタにテレビに出演していますよね。

景子さんなら引く手あまたでしょうから、タレントや司会者になることも十分考えられますよね。

元女将さんならではの経験を生かして、相撲界に何か起こるたびに機転のきいたコメントを発してほしいものです。

元若乃花と前の奥さんの美恵子さんは、離婚後お互いに相手の嫌だったところをテレビで話したりしていますが、ああいうふうにはなってほしくないですね。

まとめ

先日、元貴乃花親方が「しゃべくり007」に出演していて、「意外と明るい」「話がうまい」などと話題になっていましたね。

親方という立場から離れて地を出せるようになったことで、今までとは違った面白い面を見せてくれそうです。

天才的な力士でしたが、どうも組織の中ではうまくいかないようなので、相撲協会に残ったとしても権力者にはならなかったかもしれません。

そういう意味では、別の道を行くことにしたのは正解かもしれませんね。

今後も多方面で活躍してくれることを期待しています。


貴ノ岩関の受けた暴行問題と提訴取り下げの記事は、こちらをご覧ください。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018