萩原健一 現在の嫁(妻)は何人目?若い頃の結婚歴がすごい<顔画像>

歌手で俳優のショーケンこと萩原健一さんが惜しくも亡くなられました。共演者キラーといわれた萩原さんの元妻や噂のあった女性たちの横顔をたどってみました。まさに才色兼備の女性ばかりです。




最初の妻、小泉一十三(こいずみ ひとみ)って?

ショーケンは1967年に、ザ・テンプターズの歌手として17歳でデビュー。

1972年に「約束」という映画に岸恵子さんの相手役として初出演して好評となり、俳優業に転身。

『太陽にほえろ!』のマカロニ刑事役でブレイクして、一時音楽を封印してしまいます。

『傷だらけの天使』、『前略おふくろ様』なども記憶に残る作品ですよね。

勢いにのって1975年にソロで音楽活動を再開。

そんな絶好調の1975年に最初の奥様、小泉一十三さんと結婚しています。

<小泉一十三(こいずみ ひとみ)さんのプロフィール>

(Pinterestより)

雑誌「装苑」などで活躍した元モデル。

さっそうとした高身長に一度見たら忘れられない日本人離れした容姿で、「いつかあんな女性になりたい」と憧れるファンも多かったです。

いつも使い込まれたエルメスの「バーキン」を手にしていました。


(Pinterestより)

ショーケンとの間に女児をもうけましたが、3年で離婚なさっています。

離婚後、娘さんは小泉さんに引き取られました。

娘さんはもう40代ということになりますね。

一十三さんは50代までモデルをなさっていたそうですが、現在は表に出る仕事はされていないようです。


いしだあゆみとは事実婚だった?!

ショーケンは1980年に女優、いしだあゆみさんと結婚するも、1984年に離婚。

2008年に発表した自叙伝『ショーケン』の中で、「いしだあゆみさんとは未入籍で事実婚だった」と告白して世間を驚かせました。

が、同じ年の『週刊新潮』では「実は入籍していた」と告白を否定する記事が出ました。どっちなんでしょうね(^^;


(Pinterestより)

真相は本人たちにしかわかりませんが、本当に結婚してたのをなかったことにしたくてそう書いたのかもしれませんね。

倍賞美津子さんとの2ショットが話題に

1985年、女優の倍賞美津子さんといるところを写真週刊誌「フライデー」に激写され、激怒したショーケンがカメラマンと編集者に暴行して書類送検されるという逸話が残っています。

当時、倍賞美津子さんはアントニオ猪木氏と結婚していたので不倫ということになってしまいますね(^^;

それが影響しているかどうかはわかりませんか、1987年には今度は猪木氏が不倫してふたりは離婚してしまいました。

萩原さんは自叙伝『ショーケン』の中で、「いちばん愛したのは倍賞さんだった」と告白してます。
ちなみに、本の出た2008年時点でのことです(笑)

3番目の妻は一般女性

ショーケンは1996年にヘアメイク担当の女性と結婚しています。

一般の方ということで、写真などは出ていないようです。

この結婚は比較的長く続いたようですが、2006年に離婚しています。

お子さんはいないようです。





最後の妻は読者モデルの冨田リカさん

冨田リカさんは実業家などを経て40歳を過ぎて読者モデルになられた方です。

「スッキリ」のコメンテーターもされていたことがあります。

今も講師やカウンセラーとして活躍されています。

2010年にショーケンと冨田さんの交際報道が出て、2011年に箱根神社で挙式されました。

ショーケンは冨田さんとの結婚の時、「これまでジェットコースターのような人生だったけど、これからはメリーゴーランドのように暮らしたい」とコメントを発表したそうです。

激動の人生を送ってきたショーケンも年を重ねて、落ち着きたかったんだなあという感じですね。

<冨田リカさんプロフィール>


(公式サイトより)

1962年3月8日生まれ(57歳)

身長:167cm

経歴:短大卒業後、幼稚園教諭を経て、大手幼稚園・小学校受験塾、英才教育などの講師を務める

学歴:東洋英和女学院大学 編入 心理学を中心に学び卒業

たくさんの資格をお持ちで、本も何冊か出されています。


(Pinterestより)

2度の結婚、離婚歴があり、ショーケンとは3度目の結婚。

最初の結婚は幼稚園教諭時代で、お相手は広告業界の方だったそうです。
この最初の夫との間にお子さんがいらっしゃいますが、お子さんは元夫が引き取られたようです。

2度目の結婚のお相手は飲食店プロデューサーだったそうです。
ショーケンとの交際のせいかどうかはわかりませんが、交際報道の後離婚されています。

冨田さんは2010年、48歳の時に「美STORY」でセミヌードを発表して、ファンに衝撃を与えました。

普段の姿があまりにも年齢不詳だったために、「ありのままをさらけ出してカッコイイ」という声があった半面、「脱がない方がよかったのに」という反応も起こりました。

人気者ならではの賛否両論ですね。

まとめ

ショーケンの元妻や噂のあった女性は、みんな凛として知的な女性ばかりなんですよね。

ショーケンと同じように、波乱万丈で濃い人生を送られている方が多い気がします。

2011年から闘病生活を送っておられたそうですので、最後の結婚生活はずっと病気とともに過ごしてこられたことになるのでしょうか。

ショーケンの晩年が穏やかなものであったことを願います。


ショーケンの追悼番組の放送スケジュールについては、こちらをどうぞ