日本の新紙幣デザイン案発表への海外の反応 ダサい?数字フォントに違和感!

2024年から使用される新紙幣のデザインが発表されて国内でも賛否両論が出ていますが、海外サイトでも早速コメントがあがっていましたので、代表的なものをご紹介します。



デザインが古いという意見

シンプルすぎてデザインが古い、ダサいという意見が多かったです。

「1915年にデザインされた紙幣みたいに見えるね。
 最初見た時、古いシリーズなのかと思ったよ。
 令和時代にぴったりだろうね」 +19

「最初は変に見えても最後にはきちんとするんじゃないかな。
 そうだといいけど」 +4

「数字フォントがひどいね。
 日本人にも不評みたいだよ。」 +27

「確かに数字がひどいね」 +18

「高齢化でフォントを大きくしなくちゃならなかったからだよ」 +16

「これってジョーク?
 並べると滑稽だよ。
 1週間前にフォトショップを習った人か誰かが作ったみたいじゃないか」 +2

「数字フォントがダサいってことでほとんどの人と意見が一致してうれしいよ。
 数字フォントがツイッターのトレンドにまで上がってたよ!」 +2

「日本人の”芸術品の類”に対する意思決定力を疑い始めてるよ。
 例えば、東京オリンピックの却下されたエンブレムと今のエンブレムの両方にね」 +3

「古いデザインの紙幣かと思ったよ。モダンじゃないね。これだめだ」 +9

「美観の面でもよくないね」 +1

「新紙幣はポリマー製ではないみたいだね。残念 :( 」  +7

「ああ、イチローが引退するってのに、このイチマンエン札にイチローを使わないなんて :P」 +8

「裏面はこのひどい数字フォントにしないほうがよかったのに。
 フォントのレイアウトがぞんざいな感じで、まるでパチもんのフォトショップで大学生が試し刷りでもしたように見えるよ」 +5

「日本政府は、新紙幣をダサくしてキャッシュレス化を推し進めてるんだよ。
 うまくいきそうだね」 +5

「千円札は猫の絵柄にしてほしかったな」 +3

日本人は猫好きというイメージがあるようです。






千円札の1のフォントにつっこみが

千円札の「1」のフォントが一万円札と違って小文字の”l”のようになっています。

見分けやすくするためにわざとそうしたのでしょうけど、違和感を感じた人が多かったようです。


「…なんで千円札の”1″だけ違うの?」 +12

「なぜ千円札と一万円札で1のフォントが違うんだろうね。
 違いをわかりやすくするためなんだろうけど、それにしても変だよ」 +3

「記者会見では”1”のフォントが違うことには触れなかったの?」 +25

「”10000”と”l000”。ああああ」 +3


同じフォントにしたらしたで、高齢者などから「似ているから間違ってしまった」とクレームがつきそうですね。

二千円札があまり出回っていないことについて

「二千円があることになってるのに、誰も見たことがないのはなんで?」 +4

この記事によると、政府は二千円札のデザインは新しくしないらしいよ。
 ほかの紙幣に比べて出回っている数が極端に少ないからだって」 +9

日本語のニュースでは、二千円札について触れてもいないものがほとんどですよね。

「沖縄ではあちこちで見かけるよ。絵柄のせいかも」 +3

「観光客は両替所で手に入るから、二千円札をたくさん持ってるんだ。
 だから観光スポットには二千円札がたくさん出回ってるんだよ」 +7

「沖縄は観光地のトップってわけじゃないよね。
 米軍関係者から来てるんじゃないかな」 +2

「そうだね。
 沖縄では観光が地域経済にとって大きいし、その多くが海外からの観光客だ。
 アメリカ人はその数パーセントでしかないよ。
 面白いことに、沖縄は2年前に観光でハワイを抜いたんだ。
 そしてまだ成長し続けてる。
 でも、観光客が二千円札を持ってるのを見たことはほとんどないな」 +3

「そうじゃないよ。
 二千円札は首里城の守礼門が絵柄になってるのと、沖縄で開催されたG8サミットを記念して発行されたからだよ」 +3

「ATMや銀行でもよく二千年札が出てくるよ」 +1

「ほんとに?僕は銀行で出てきたことはないな。
 10000円以下の額を引き出すことがないからかも」 +3

「今、財布の中に2枚入ってるよ。
 今朝ファミリーマートのATMから出てきたんだ」 +2

「じゃあ西暦3000年まで待てば3000円札が出るのかな」 +1


二千円札は1億枚ほど出回っているそうですが、本土ではほとんどお目にかかりません。

沖縄県は二千円札を普及させる活動を行っていたこともあり、は「二千円札優先」のボタンを押すと二千円札で出金できるATMがあったり、二千円札が利用できる自動販売機もあるそうです。

さすが沖縄ですね。

まとめ

新紙幣は海外の紙幣を参考にしてあえて数字を大きくしたそうですが、海外の人たちからもデザインがダサい、古いと思われてしまったのは残念ですね。

特に、千円札の1のフォントに違和感を感じた人が多かったようです。

二千円札の発行された経緯なども詳しい人が多かった一方、肖像画が描かれている人物についてはあまり話題になっていませんでした。

新紙幣に対応する自動販売機をつくるにはコストがかかるため、ICカード専用の販売機が増え、キャッシュレス化が進むのではと見る向きもあります。

新紙幣を使いたくないのでキャッシュレスで、という人も増えるかもしれませんね。