メーガン妃ヘンリー王子ベビー、アーチーの洗礼式 ゴッドファーザーは誰?本命の肩書・経歴は

英国では、メーガン妃とヘンリー王子の第一子アーチーの洗礼式でのゴッドペアレント(名付け親)の候補が複数取り沙汰されていますが、今のところ本命はトム・インスキップという男性だそうです。トム・インスキップ氏とはどんな人なのか調べてみました。



ゴッドペアレントって何?

ゴッドペアレントはゴッドファーザー(女性の場合はゴッドマザー)ともいい、キリスト教での洗礼時の代父です。

洗礼式に立会い、神に対する契約の証人となる役割の人物で、洗礼名の命名者になることもあるため「名付け親」とも訳されます。

ゴッドファーザー、ゴッドマザーは第二の父母であり、後見人的な存在として生涯にわたり関わりが続くこともある重要な役目です。



ゴッドペアレントの候補はセレブぞろい

当初は、メーガン妃の友人であるジョージ・クルーニーがゴッドファーザーになるのではないかと噂されていましたが、クルーニーはこれを否定しています。

今名前が挙がっているのは

テニス選手のセリーナ・ウィリアムス
メーガン妃のスタイリスト、ジェシカ・マルルーニー
メーガン妃の友人、ベニータ・リット、ザラ・ティンデール
ユージニー王女

などです。

中でもいちばん有力視されているのが、ヘンリー王子の旧友のトム・インスキップ氏です。

トム・インスキップ氏は、アーチーが生まれるとすぐに電話で呼ばれ、家族以外では最初にアーチーに会うことができたのだそうです。


トム・インスキップ氏プロフィール


(ザ・サンより 右がトム・インスキップ氏、左はヘンリー王子)

年齢:34歳

職業:銀行家

ニックネーム:スキッピー

既婚、妻の名前はララ

2年前にジャマイカで挙式した時、ヘンリー王子がアッシャー(先導役)を務めた

ヘンリー王子とはイートン校以来の友人同士で、”パーティ・フレンド”

ヘンリー王子がラスベガスのホテルで悪ふざけをして裸を写真に撮られた有名なできごとの時も一緒だったそうです。




実は、インスキップ氏はヘンリー王子の長年の友人にもかかわらず、結婚式に招待されなかったそうです。

夫妻に近い関係者の話によると、招待されなかった理由はメーガン妃が反対したからだそうなのですが、ヘンリー王子は招待したがっていたそうです。

そもそもメーガン妃に嫌われるようになった理由は、夫妻の婚約前にインスキップ氏がヘンリー王子に、この結婚は本当に正しいことなのかと水を差したからなんだそうです。

どうしてそんなことがメーガン妃の耳に入っちゃったんでしょうね。

インスキップ氏から見るとヘンリー王子があまりに熱くなっているように見えたので、プロポーズする前に少しクールダウンした方がいいのでは?と考えたからだそうで、悪意はなかったようです。

そのおかげで王子と少し距離を感じていたかもしれないインスキップ氏は、子供が生まれて真っ先に連絡をもらえて、すっかりわだかまりが解けたようです。

インスキップ氏は、今でもヘンリー王子に彼女との結婚は正しいことなのかと尋ねたことを悪いことだとは思っておらず、友人として自分が言うべきことだったと考えているそうです。

日本でも「本当にあの人でいいの?」なんて友達が言うことはありますよね。
メーガン妃の誤解が解けるといいですね。

赤ちゃんのお披露目の時はお顔がよく見えなかったので、洗礼式ではもう少しよく見えるとうれしいですね^^



まとめ

噂通り、ヘンリー王子は姉さん女房のメーガン妃には逆らえず、メーガン妃の思惑通りにことが決まっていくようですね(笑)

インスキップ氏は、ゴッドペアレントの大役を務めて結婚式に出られなかった分の埋め合わせもしてほしいですね。

王室メンバーにも気の置けない友人は必要ですから、この際メーガン妃とも仲直りしていただけたらと思います。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019