スプレータンニングの日焼けの効果や持続力・値段を調査!セルフ施術法は?

「マツコ会議」でスプレータンニングを取り上げるということで、気になったので調べてみました。紫外線のリスクを受けない画期的な日焼け法です。スプレータンニングの効果や持ち、値段、セルフでの施術法をまとめました。



スプレータンニングとは

欧米では、美の基準の一つとしてスポーティーで健康的なブロンズ色の肌が美しいとされてきました。

その一方で、紫外線による乾燥、シワ、シミ、そばかす、皮膚がんなどの危険性もよく知られるようになっています。

紫外線の心配なしに健康的な小麦色になれないものか?

そんな期待に応えて登場したのがスプレータンニングです。

スプレータンニングは、サンレスタンニング、エアブラシタンニングとも呼ばれます。

ジェニファー・ロペス、ヴィクトリア・ベッカムなどのセレブが施術を受けていたことでも話題となりました。

日本でも、日焼けはしたいけどシミ、そばかすが残るのは嫌という女性や、健康的な小麦色でかっこよく見せたい、ジムなどで色白のままだとかっこ悪いという男性からスプレータンニングが支持されています。

スプレータンニングは、メラニンを増やさずに肌を小麦色に変化させる安全なタンニング法です。

肌に直接スプレーし、ソリューションに含まれるDHA(ジヒドロキシアセトン)という糖類の一種が肌の上層部のアミノ酸のみに反応し、肌の色を暗くしていきます。

肌に色を塗るのとは異なり、この反応は48時間程かけて徐々に深みが増していきます。

DHAは、米国食品医薬品局にも認識された肌に安全な化粧品成分を主としているので安心です。




紫外線による日焼けにはどんなリスクがあるの?

紫外線を浴びると皮膚は体を守ろうとし、「メラノサイト」という細胞が紫外線を感知し「メラニン」という黒い色素を発生させます。

紫外線には有害なものが含まれているので日光を浴びて日焼けするという発想がリスクなのです。

本来メラニンは自然に落ちるものですが、それが残ってしまったものが、シミやホクロなのです。

不幸にして、皮膚がんになることもあります。

日焼けサロンは安全?

日焼けサロンのタンニングマシーンには、最も影響が少ないと言われているUVAが使用されています。

しかし、UVAは痛みや水ぶくれは引き起こさないのですが、細胞の酸化を起こし、シワ・シミ・そばかすの原因となってしまうこともあります。

元々白い方だとヒリヒリ感が残ることもあります。

日焼けサロンでの日焼けも、基本的には紫外線を浴びてしまいますから、日光による日焼けと同じように肌がダメージを受けてしまうのです。

ですから、スプレータンニングと比べるとリスクがあるのですね。




安心・安全なスプレータンニング

スプレータンニングの施術方法は、エアブラシを使って直接お肌にリキッドをミスト状に噴霧します。

リキッドに含まれるDHA(ジヒドロキシアセトン)が、表皮最上層の角質層内のアミノ酸に反応して、自然で美しいブロンズの色合いを創り出します。

日光による日焼けとは違い、メラニン色素を刺激することがないため、シミやソバカスの心配がありません。

日焼け後にヒリヒリしたり、皮がむけて醜くなることもありません。

また、表皮最上層のみの働きとなっているので、安全に楽しめます。


スプレータンニングの効果は

効果は3日~1週間程度です。

お肌のターンオーバーは個人差がありますが、使用後1週間ほどで自然にフェイドアウトし、元の肌の色に戻ります。

顔にも施術することができます。

水着を着て施術を受ければ、お気に入りの水着の跡をつけることもできます^^


スプレータンニングは自分でできるの?

そうは言っても、サロンが近くにない、行く時間がない、人前で肌を見せるのは嫌という方もいらっしゃることと思います。

スプレータンニングは自宅でセルフで行うこともできます!

試しに1度やってみたい方にもおススメです^^

ご愛用者の購入理由は、

「健康的に見せたい」
「体を引き締めたい」
「若く見せたい」

という声があがっています。

引き締まって見える=やせて見せたい、若く見せたいというのも多いようですね。

ご自宅で塗って待つだけという手軽さが人気です!

下のアイコンをクリックすると、販売サイトへ飛びます^^
             ↓  ↓  ↓

まとめ

スプレータンニングは紫外線のダメージを受けることなく、小麦色の肌を手に入れられるタンニング法です。

効果は3日~1週間程度で、お値段はサロンによっても異なりますが、全身で6000円~8000円のところが多いようです。