富山交番襲撃の島津慧大容疑者のTwitterか 犯行動機・生い立ちは <地図・画像あり>

26日、富山で交番の警官が刺されて拳銃が奪われ、その銃で近くの小学校付近で警備をしていた警備員が撃たれ、ふたりとも亡くなる事件が起きました。犯人は駆けつけた警官に撃たれ重体。容疑者は島津慧大(しまづけいた)(21)でなんと元陸上自衛官。おとなしくて近所の評判がよかったという青年がなぜ凶行に走ったのか人物像に迫ってみます。

スポンサーリンク




事件のあらまし

26日午後2時ごろ、富山駅から北東およそ900mの位置にある富山中央署奥田交番の裏口付近で、刃物を持った男が所長の稲泉警部補(46)を刺し、拳銃を奪って逃走。

容疑者の島津慧大(しまづ・けいた)(21)は、交番裏口を大きな音を立ててノックし、警部補をおびき出したとのこと。
警部補はドアをあけるといきなり刺されたそうです。

交番相談員の男性が容疑者を押さえようとしたが、押さえきれなかったそうです。

交番相談員の男性は、交番から110番に第1報。
さらに、近くの美容室「プリート」に助けを求め、2度目の110番通報を依頼。

島津容疑者は拳銃を奪った後、交番北の道路向かい側にある奥田小学校の正門付近で、工事車両の出入りを誘導をしていた警備員の中村信一さん(68)の頭と左肩に発砲。

島津容疑者のシャツは血だらけで、警備員を襲撃した後、敷地内に走っていったとのこと。

警備員の中村さんは、同小学校の正門付近に倒れていたのを警官に発見されました。

警官2名が駆けつけると、島津容疑者が刃物で向かってきたため、威嚇射撃せずそのまま1発ずつ発砲。
島津容疑者の左腹部に命中。

襲われた警部補と警備員は、間も無く死亡が確認されました。

島津容疑者はナタのような刃物とナイフの計2本を所持、さらに交番の裏手にもう1本の刃物が落ちていたとのことです。
拳銃には銃弾が5発装てんできるが、1発も残っていなかったとのことです。

事件発生から容疑者確保まで30分足らずでした。



交番相談員とは

交番相談員は、おもに60歳から65歳の警察官OBで、再雇用職員として交番に勤務。

警官の不在時に、拾得物の受付をしたり道案内をするのが仕事だそうです。

警官ではないので拳銃は所持しませんが、護身用の警棒は持っているそうです。



島津慧大容疑者 プロフィール


(出典:フジテレビ)

年齢:21歳

住所:富山県立山町末三賀(両親と3人暮らし)

経歴:
高校へは進学せず、自衛隊に入隊するため親元を離れる。

2015年3月 陸上自衛隊入隊 
      金沢市にある陸上自衛隊金沢駐屯地の部隊に配属、小銃を使った訓練などを受ける

2017年2月 任期満了で退官
退官後、親元へ戻る。

その後は即応予備自衛官として採用されていた。
退官時の階級は陸士長。

現在の職業:アルバイト店員

逮捕容疑:殺人未遂

現在の容態:病院に搬送されたが重体

即応予備自衛官の待遇

訓練召集手当て:日額:10,400円(士長の場合)

即応予備自衛官手当:月額:16,000円

勤続報奨金:1任期良好な成績で勤務すると、120,000円

亡くなった被害者の方々

富山県警富山中央署奥田交番 所長 稲泉健一警部補(46)
死因:腹部を中心に数十箇所刺されたことによる出血性ショック。

警備保障会社の警備員 中村信一さん(68)
死因:頭部損傷。頭部に撃たれた跡あり。
(2018.7.8追記:当初は左肩にも撃たれた跡があると発表されていましたが、後に訂正されました。)


スポンサーリンク




本人?Twitterアカウント

島津容疑者と同じ名前のTwitterアカウントがありました。
登録が2010年、地域はToyamaとなっていますが、本人のものかどうかまだ確認できておりません。

見るに耐えない気持ちの悪い画像が多いので、閲覧は自己判断でお願いします。

Twitterの設定を「不適切な画像を表示しない」にしてから閲覧するのがお勧めです。

これが本人のアカウントなら、病んでいるとしか言えませんね。

島津慧大Twitterアカウント(閲覧注意)

   

現場周辺の地図

襲撃された奥田交番の道路を隔ててすぐ斜め向かいに、警察の相談員の男性が助けを求めた美容室「プリート」があります。

次に犯人が襲った奥田小学校は、交番北の道路向かい側にあります。

非常に狭い範囲で起こった出来事なのがわかります。



事件後の対応に疑問も

警察から教育委員会を通じて奥田小学校に「刃物を持った男が向かった」と連絡があったものの、犯人が拳銃を持っていることは伝わっていなかったそうです。

そのため、校長は、生徒を体育館に避難させた後、男性職員がさすまたとホウキで犯人に対処するために控えるという策を取ったそうです。

拳銃を持っている相手にさすまたでは対応できないので、職員も安全な場所に避難した方がよかったのではないかと指摘されています。



おとなしかったという声の一方で、すぐカッとなるという声も

 逮捕された島津慧大(けいた)容疑者の自宅は富山県立山町内の田園地帯にある。近隣住民によると、島津容疑者の家族は20年ほど前に引っ越して来たといい、島津容疑者は地元の小中学校へ進学。幼いときから知っているという近所の70代女性は、犬の散歩途中に出会うと、礼儀正しく「こんにちは」とあいさつする姿を覚えている。その後、島津容疑者は自衛隊に入隊。地元広報誌には、町長から激励される様子が掲載されていた。激励会に参加した男性(64)は、「まじめな印象。あいさつや受け答えもしっかりしていた」と振り返る。

 一方、自衛隊に同期入隊し、金沢駐屯地でも一緒に勤務したという富山県の男性会社員(28)は、こう証言した。「内気な面があった。一人でいることが多く、陰口を言う同期もいた」。また島津容疑者の性格については、「ちょっと注意されたことに、すぐカッとなる面があった」と話した。
(出典:朝日新聞)

交番襲撃事件で、殺人未遂容疑で逮捕された島津慧大容疑者(21)=富山県立山町末三賀=は両親と同居していた。容疑者の印象について、近所に住む70代の男性は「おとなしくて、あいさつしたら会釈する。体格も普通。そんなことをするような人ではない」と話す。

 別の男性によると、家族は25年くらい前に引っ越してきた。島津容疑者は地元の小中学校に通っていたが、中学は休みがちだったという。
(出典:産経WEST)


犯行動機は?

島津容疑者が重体のため、詳しい動機は明らかになっていませんが、

・中学校で不登校ぎみだった
・高校へ進学しなかった
・自衛隊に入隊したが、長続きしなかった
・現在はアルバイト

このへんにカギがあるのではないでしょうか。

管理人には自衛官や元自衛官の知人もおり、自衛隊を一生の仕事と考えて入隊する方は本当に立派だと思いますが、一方で、職のない人や社会に溶け込みにくい人にとって、自衛隊がとりあえずの職を得やすい受け皿になっていることは否定できないと思います。

元自衛隊員という特殊な経歴が残ってしまうと、普通の職業に転職しようとした時に、「なぜ自衛隊を志望したのか、そしてなぜ辞めて違う仕事をしようとしているのか」は必ずきかれます。
それをうまく説明できなければ、面接ではマイナスとなるでしょう。

つまり、つぶしのききにくい職業ということは言えると思います。

島津容疑者は、職を得るために自衛隊に入隊したものの短期間で除隊してしまったために、よけいに生きづらくなってしまったということはないでしょうか。

また、小学校を襲っていることから、小学生時代にいじめられたり、先生が不親切だったなど、自分の人生がうまくいかなくなった原因は小学校にあると考えているのかもしれません。

島津容疑者がどの小学校を卒業したのか調べてみたいと思います。

亡くなられたおふたりに、心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です