紀州のドンファン野崎氏変死 死の4日前の異変 愛犬イブ掘り起こし調査

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏は、覚せい剤を投与されるより前に、向精神薬など別の薬物を投与されていた可能性が出てきました。

スポンサーリンク




衝撃!結婚式キャンセルの理由

野崎氏は結婚式を挙げたがっていたそうですが、なんと、妻さっちゃんが「結婚式を挙げるなら別れる」と言い出したため、結婚式をキャンセルしたのだとか。

さっちゃんは、野崎氏とのツーショット写真を撮られるのも極端に嫌がっていたとのことです。

もう最初からいやいやですね。

カギを握る愛犬イブの遺体

6月7日、静岡県警は野崎氏の家の庭に埋葬されている愛犬イブを掘り起こし、運び出しました。
掘り起こしから運び出すまで、トータルで6時間ほどかかったとか。

愛犬イブの遺体は科警研(科学警察研究所)へ送られ、もし覚せい剤の成分が検出された場合は、野崎氏の体内から検出されたものと同じかどうか比較するそうです。

覚せい剤は、どれも同じに見えますが、厳密にはひとつひとつ成分が微妙に違っているのだとか。

ですから、イブの体内から出てきた覚せい剤と野崎氏の体内から検出された覚せい剤の成分が一致すれば、同じ覚せい剤を投与されたとわかるわけですね。

鑑定は長期化か

覚せい剤成分の比較作業には1ヶ月近くかかるそうです。
DNA鑑定より時間がかかるんですね。

愛犬イブについて

ミニチュアダックス
メス
18歳
元は前の妻が飼っていた犬
突然もがき苦しみ始め、野崎氏の腕に抱かれて死亡

野崎氏は、愛犬イブが亡くなった時、家政婦さんが悪いものでも食べさせたのかとすごく怒ったそうです。

そして、イブが亡くなった当日のうちに、自宅近くの「闘鳥神社(とうけいじんじゃ)」でお葬式を執り行ったそうです。

宮司さんは、お葬式ならお寺のほうがいいのでは、といったん断ったそうですが、簡単なものでもいいのでなんとかやってほしいと懇願され、引き受けたそうです。

闘鳥神社の場所はこちら。
このすぐ近くに、野崎氏の邸宅があるのですね。



死後1ヶ月もたっていますが、遺体は土の中にあると、空気中に置かれるより腐敗が8倍も遅くなるので、検査は可能だそうです。


イブが亡くなった翌日にもデートクラブを利用

ちょっと驚きなんですが、野崎氏は、愛犬イブが亡くなった翌日に、東京へ行ってデートクラブを利用していたそうです。

野崎氏はデートクラブの女性に「癒し」を求めていたのかもしれませんね。
その「癒し」は、もう妻さっちゃんからは得られなくなっていたのでしょう。

スポンサーリンク




野崎氏は亡くなる前から何かを投与されていた?

亡くなる4,5日前に野崎氏の50年来の知人が会ったところ、びっくりするほど体調が悪そうだったそうです。

・顔色が悪く、脂汗をかいていた。
・よだれが出ていた。
・目がよく見えない状態だと話していた。
・話している最中に失禁した。
・歩くのも不自由。

野崎氏は脳梗塞を2回起こしていますが、脳梗塞の後遺症は徐々に進行するので、短期間にここまで急変することはないそうです。

よだれが出ていたのは覚せい剤の症状とは異なるため、向精神薬など別の薬物を投与されていた可能性があると指摘されています。

こんな事態になったら、さすがに自分の身に何かが起きていると気づきますよね。
それを相談しようとして知人のフリーライターに、「すぐ来てほしい」とたのんでいたのではないでしょうか。

向精神薬を投与されても野崎氏が倒れなかったので、もっと強い薬物を投与されてしまったと考えるのは、考えすぎでしょうか。

野崎氏の死因は、急性覚せい剤中毒と断定されました。

野崎氏に注射痕はなく、警察は、覚せい剤は口から摂取した可能性が高いとみています。

家政婦の証言でよけいに疑惑深まる

家政婦の竹田さんは、「ビビット」のインタビューで、
「社長の引き出しから(覚せい剤が)出てきた」
「昔付き合っていた女の人が捨てていったものを、口に入れたのかなと」
と家宅捜索の様子を語っていましたが、これは真実でしょうか。

また、竹田さんに
「覚せい剤で警察に逮捕されたことはあるか」
「逮捕されずとも覚せい剤をやったことはあるか」
「知り合いに覚せい剤をやったり逮捕されたりした人はいるか」
と聞いたところ、どれも否定されたそうです。

竹田さんの元夫は、覚せい剤の逮捕歴が2、3度あったそうです。

なぜ、「自分はやっていないけど元夫がやっていたことがある。でも今は関係ありません」
とはっきり言わないのでしょう。
中途半端に隠せば疑惑が深まるだけですよね。

全裸の理由は「暑さ」か

遺体発見時、野崎氏は全裸に近い状態でした。

多量の覚せい剤を摂取すると、中枢神経が異常な興奮状態となり、心臓に負担がかかります。
全身が痙攣し、意識を失い、ショック死となります。

急性覚せい剤中毒死の場合、体温が45度近くまで上がるため、野崎氏は暑くてたまらず自分で服を脱いだのではないかと見られています。

死亡時刻の謎

野崎氏の死亡日時は、警察発表では「5月24日 午後9時」となっています。

死亡時刻は推定なので、2時間ほどの誤差があってもおかしくないそうです。
すると、8時から10時の間と考えられます。

◎8時に死亡したのなら、家政婦・竹田さんの話のように10時に物音がするはずはない
◎10時に死亡したのなら、10時半に硬直していたのはつじつまが合わない

妻さっちゃんはなぜ結婚を隠したのか

野崎氏はさっちゃんと結婚したのがうれしくて、戸籍のコピーを知り合いに配って自慢していたそうです。

それとは対照的に、妻さっちゃんは家族、親戚の誰にも、結婚したことも和歌山に住むようになったことも話していませんでした。

家族と疎遠でそういう話をする機会がなかったのかというとそうではなく、母親とは毎日のようにメールをし、毎月帰省していて、GWにも会っているそうです。

さっちゃんの実家は北海道なのに東京から毎月帰省しているなんて、疎遠どころかすごく親密ですよね。


野崎氏は遠く離れた東京の知人に相談するほど、身近な人間を信用できなくなっていたんですね。
もっと早く自宅を離れるか、従業員の家に身を寄せるかして身を守ってほしかったです。

野崎氏妻のAV出演疑惑の記事はこちらをどうぞ

スポンサーリンク




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です