7時間で金正恩を低姿勢に変えたトランプの書簡全文和訳 米朝首脳会談中止

慇懃無礼!トランプ大統領の外交書簡

6月12日に予定されていた米朝首脳会談は、今日トランプ氏自ら中止を発表しました。
しかし、24時間とたたないうちに北朝鮮から反応があったようです。

漫画のように面白かったので記事にしてみました。

スポンサーリンク




トランプ氏は、「中止しなければならなくなった(I had to cancel)」ではなく「中止に追い込まれた(I was forced to cancel)」と言っています。

中止の原因が北朝鮮側にあることを強調していますね。

会談中止にいたった主な理由

北朝鮮は、
・一時は米韓軍事演習に理解を示していたのに、突然反発し始めた
・豊渓里(プンゲリ)核実験場の爆破の際には、専門家が立ち会う約束だったのに、専門家が到着する前に勝手に爆破した
とのことです。

専門家は立ち会わなかったけれども、ジャーナリストたちは招かれました。
坑道の内部が破壊されているかどうかは、確認できないそうです。
首脳会談の中止が決まった直後のことだったとのことです。

中止の原因は、北朝鮮の約束違反に加え、高官の暴言などがあるようです。

北朝鮮の金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官が、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の「リビア式核廃棄案」、つまり核放棄を先に行わせることに反発して「米朝首脳会談を再考慮するほかない」と述べたそうです。

トランプ氏はポンペオ長官に命じて、米朝ホットラインを通じて北朝鮮に連絡を取ろうとしたのですが、北朝鮮は電話に出なかったそうです。

崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がマイク・ペンス副大統領を「無知蒙昧」「間抜け」などの下品な言葉で非難したので、トランプ氏は「許しがたい」と激怒し、中止の結論となったそうです。

北朝鮮に送ったという書簡をトランプ氏がツイッターに掲載していますので、見てみましょう。

スポンサーリンク




【トランプ氏がキム・ジョン・ウン委員長に送った書簡の和訳】

6月12日にシンガポールで開催が予定されていた、両国が長く待ち望んでいた会談に関して、我が国との交渉や討論にお時間をさき忍耐強く努力していただいたことに大変感謝しております。北朝鮮側から会談を求めてきたときいていましたが、全く見当違いだったようです。私は会談に臨むのをとても楽しみにしていました。残念ですが、貴方が最近の談話の中で示したすさまじい怒りや公然とした敵意からして、現時点では、この会談を計画通りに行うのは適切でないと考えます。したがって、本状をもって、シンガポールでの会談中止の表明とさせていただきます。これはお互いのためではありますが、世界にとっては後退です。貴方は貴国の核能力について口にされていますが、我々の核は大量で強力ですので、使わないですむよう神に祈っております。

貴方と私の間には素晴らしい対話が構築されつつあると感じていましたが、結局のところ、それはただの対話でした。いつの日か、貴方にお目にかかれることを心待ちにしております。とりあえず、3人の人質を解放してくださったことにお礼を申し上げます。彼らは今、家に戻り家族とともにあります。あれは美しいジェスチャーでしたね。感謝します。

この最も重要な会談の実施について、もしお考えが変わられましたら遠慮なくご連絡ください。世界、とりわけ北朝鮮は、平和と偉大なる繁栄、そして富を保つ大切な機会を失ったのです。今回こうした機会を失ったことは、歴史における本当に悲しい節目となるでしょう。
(トランプ氏ツイート拙訳)

少々ぎこちない日本語なのはご容赦ください。私は内容を変えない方を優先させています。

トランプ大統領は自分でレターを書かないでしょうから、スタッフに口述筆記させたのでしょう。
しかし、トランプ氏の意思を反映しているのは間違いありません。

こういった外交文書を公開してしまうのもトランプ流ですよね。

言葉は終始丁寧ですが、ものすごい皮肉がこめられているのがおわかりになりましたでしょうか?
こういうのを慇懃無礼というのでしょう(笑)。

3人のアメリカ人人質の解放を“beautiful gesture”と言っていますが、この場合のジェスチャーは、「うわべだけのそぶり」といった意味合いです。
「誠意があるように見えたのは、見せかけだけでしたね」ということです。


北朝鮮の方から会談を求めてきてるってきいたので協議に応じましたけど、貴方、会談なんて求めてませんよね?
この間のあの談話はなんですか?
あんなケンカ腰な相手に会えると思いますか?


「平和を保つ機会を失った」と言っていますから、「もう戦争になっても知らんよ」ということですね。

スポンサーリンク




さすがトランプ大統領。
圧倒的軍事力・経済力が背景にあるからこそ、ここまで強気の態度を取れるのですね。

でも、「気が変わったら連絡してください」と付け加えることは忘れていません。

そうしたら、北朝鮮からすぐに反応があったようです。
北朝鮮も、本音は首脳会談をやりたいのですね。

中止の中止か

ついさっき、トランプ氏がまたツイートしています。

「とてもよいニュースだ。北朝鮮から、温かくて生産的な談話が届いた。これがどこにつながるかはすぐに分かるだろう。長期的かつ継続的な繁栄と平和につながることを望みます。」
としています。

結局、会談はいずれはやりましょうという方向のようですね。

でも、「いったん延期しましょう」と生ぬるいことは言わないで、最大限の言葉を使ってプレッシャーをかけてくるのがトランプ大統領です。

今日も世界がトランプ氏のツイッターに振り回されましたね(笑)

1周回って、6月12日に開催する可能性がまだ残っていると発表されました。

スポンサーリンク




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です